BodyTalkroomShin-meへようこそ。

ボディートーク療法は、

現在世界35カ国以上で使用され、最新の医学研究を常に取り入れ今日も進化を続ける

意識に基づくヘルスケアシステムです。


ご覧頂き、ありがとうございます。

こちらのページでは、ボディートークとはなにか?についてご説明します。


目次

1.【私がボディートーク療法を初めて受けたときのはなし】

2.【自己治癒力とストレスと心身の関係】

3.【お客様の声】

4.【施術の流れ・効果が認められている症例】

5.【メニュー・予約】

6. ボディートーク療法公式ホームページ



【私がボディートークを初めて受けたときのはなし】

すこし長くなるので、別ページにまとめました。

こちらからご覧下さい。


【自己治癒力とストレスと心身の関係】

最初のセッション(上のリンク)で私に何が起こったか?

知りたかった私は、ボディートークに興味をもち、セッションを何度か受けてみました。

そこで分かってきたことがいくつかあります。


その一つは、「自己治癒力がうまく働いていなかった」、ということでした。


本来であれば、私たちの身体に生まれながらに備わっている「自己治癒力」が働き、

たいていのことは時間とともに治ります。


けがをした時に傷が治っていくというプロセスはもちろん、ちょっと悩んでいたことも、

一晩寝たら忘れていたりしますよね。これは、心身を維持しようとする自己治癒力の恩恵です。


しかし、肉体的・精神的ストレスが持続的にかかると、自己治癒力は本来の機能を失い、うまく働かなくなってしまうのです。

ボディートークセッションは、その肉体的・精神的ストレスにより分断された体内コミュニケーションを修復し、身体が本来持つ自己治癒力を正常に働かせるものなのです。


病気になれば、西洋医学的アプローチが必要になることも多いです。 

しかし、色々な病院を受診しても原因がわからない、

ストレスが原因だとしてもどんなストレスが原因なのか分からない。 

そんな風にモヤモヤとしたまま、生きづらさを抱えている人はたくさんいます。


例えば、生きづらさは幼少期から親に刷り込まれた古い信念である場合もあります。

一般的には「性格」と呼ばれるようなものです。


しかし、親からの愛情が不十分であったり、優等生でないと認められないなどの

機能不全家庭で育った場合、それは大人になってから自己肯定感の低さや子供への過干渉や八つ当たり、

夫婦問題、ネガティブな思考のクセとして残ることもあります。


いわゆる、家系の負の連鎖というものは、そういうところから受け継がれ生まれていると私は考えます。

ボディートークでは、大人になってからも大切に抱えてしまいストレス原因となっている記憶や感情の開放を促すこともあります。


過去の自分を癒すことで、今を明るく生きられるようになります。

自分のことをきちんと愛することができて初めて、

他者との調和に繋がると思うのです。



ヨガも、ボディートークも、伝統的な哲学「ヴェーダ」に基づいています。

「自分が自分をどう見ているか」が、あなたの世界のすべてを作り出しています。

あなたの内側が変われば、世界は明るく優しい場所に変わるのです。



【お客様の声】

・10代から始まり、毎朝激痛で起き上がれないくらいだった腰痛が、だんだん楽になってきました(40代男性)


・ママ友の輪でのおしゃべりや新しい人間関係の場で萎縮してしまうのが悩みでした。セッションを受けたあと、いつもより緊張が少なくその場を楽しめている自分がいることに気づきました。じわじわと様々な場面で変化を感じ、気づくことが楽しみです。全く飲めなかったお酒が飲めるようにもなってびっくり!(30代女性)


・セッション後、突発性難聴が治りました(30代女性)


・産後に橋本病に。ヨガをしてすっきりしても、家では気持ちが落ち込んでしまっていました。セッションを受けた後はうつ症状がなくなり気持ちが明るくなりました。ホルモンの数値も正常値に!(30代女性)


・セッションを受けた後は「変わった!」とははっきり思わなかったのですが、いつの間にか悩みが気にならなくなっている、という感じ。家族のことで悩んでいましたがとらわれすぎることがなくなりました。(40代女性)


※主訴に関する効果を感じられるまでのセッション回数には個人差があります。

1回〜3回以上フルセッションを受けた方のお声をランダムに載せています。

※男性はご紹介、お知り合いの方のみとさせていただいております。


〈ボディートーク療法は、こんな方におすすめ〉

・慢性的な痛みや不調や症状が気になっている方

・トラウマやコンプレックスなどの「生きづらさ」を抱えている方

・親との関係、介護、職場の人間関係、夫婦関係、子供との関係等で悩まれている方

・自分で決断することが多い経営者やフリーランス。または独立のために壁を超えたい方。

・産後1ヶ月のママは、子宮回復やリラックスを促す「産褥期出張ボディートークケア」承ります。

・お子様にも、胎児からシンプルに安全にセッションを行えます。発達障害やアトピーやアレルギー等にも効果が認められています。



【施術の流れ】

ボディートーク施術は、ベッドに横になって頂きます。

施術士はクライアントの腕をとり、身体に優先してバランスをとるべき箇所を尋ね、

「YES/NO」の答えを、腕の重さの違いから得ます。

「神経ー筋バイオフィードバック法」というテクニックを用いています。

探索終了後、脳と心臓と腸の3カ所に「トントントン」と優しいタッピングを行い、

本来あるべき状態へと心身の回復を促します。

人により施術時間は異なりますが、だいたい30分〜60分程度です。 

身体に触れる際は優しく触れますので、

妊娠中も、赤ちゃんや小さなお子さまへのセッションも安全に行うことができます。


ボディートークにおいて身体と心に効果が認められている症例は次の通りです。

・アレルギー全般 ・アトピー ウィルス性疾患(慢性および急性)  ・感染症 ・ 内臓・内分泌障害 ・胃腸障害 ・関節炎 ・疼痛  頭痛 ・肩こり ・背部痛 ・腰痛 不眠 ・ストレス ・慢性疲労  ・不妊 ・生殖障害(性欲減退) ・スポーツ外傷、負傷、事故外傷のリハビリ ・情緒障害 ・学習障害 ・多動性障害 ・恐怖症 PTSD(心的外傷後ストレス障害) ・うつ



ボディートーク療法には、診断や治療という概念がありません。

ご自分の心身がどのように良くなってゆくべきかは、

もともとあなたの身体に備わっている「天生の知恵」が全て知っています。

ご自身の身体の声を聞いてみませんか?そして、本来の自分を取り戻しませんか?

新しくて、でも純粋で懐かしい、そんな自分に出会えるきっかけになるかもしれません。

体験会や、セルフケアを学べる講座もございます。どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。


ボディートーク療法についてより詳しく知りたい方は公式HPをご覧下さい。